読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吸学のしるし

吸学中の、大学4年生です。キャンパスで学ぶことを休んで、本物の世界から学びを吸いこもうと津屋崎にやってきました。感じるままに、記していきます。

カンボジア以来


数えてみたら、もう1年半前。

カンボジアのゲストハウスで偶然出逢った旅人の女性が、津屋崎まではるばる足を運んでくれました。

雪国生まれで肌が白くて目の大きい彼女は、
とても大らかで気持ちよく笑う、愛らしい方。
話しているだけで明るいエネルギーを沢山与えてくださいます。


カンボジアでたったの2日程度を共にして以来
初めての(人生で2回目の)対面なのに、
すらすらと尽きることなく話が展開されて
お腹の底から笑っていられた4時間でした。

話を聴いていると
いま私の身に起きていることや
考えたいと思っていること
整理しなくてはいけないことが
面白いほど当てはまり。笑

やっぱり
出逢いは引き寄せもの、みたい。


私が津屋崎にいることを知って
わざわざ訪ねに来て下さるなんて
Facebookが縁を繋いでくれていたお陰!
ありがとう、Facebook〜〜〜泣
なんて、言いたくなります。


今回の、
タイミングと波長がぴったり合った経験から
これから先の人生でも
いつかどこかで
お互いの人生に参加し合う関係なのかなと
そんなことを感じました。



そうそう。

途中でご案内したcokecoさんで
つい小一時間ほど話し込んでしまっていると
店主の田中さんが珈琲を出してくださり...
革の香りを吸い込みながらコーヒーを頂くというなんとも贅沢な時間がありました。

f:id:noserumi:20160906155017p:image


それから空っぽのお腹を携えて
お昼を食べに向かった古小路”SUI”さんでは
毎週変わらず丁寧に作られている
遊びゴコロ満載の楽しいホットサンドとケーキをぺろり...
美味しく楽しい時間がありました。

f:id:noserumi:20160906155024p:image


ー素敵な津屋崎の人たち。
私も津屋崎を体感できてよかったぁ〜!



次は、また遠くない日に、国内で。笑