たしかめるように

たしかめるように。 絶望の淵に立ちなかを覗くと、そこには、当たり前のようにささやかな日常がありました。私は、世界にとって唯の細胞でありたい。

すきなもの・その①


①おいしいパン屋さんの食パン

ふんわふんわ
もっちもっち

顔を埋めたくなる。

切る時間さえ焦れったくて
待てない
まるっとかぶりついちゃう。

焼くなんて、もったいない
真っ白いそのままを頬張る。

もう、なんだか、無心で。


わたしの中の勝手な法則
「食パンが美味しいパン屋さんは、全体的にちゃんと美味しい。」


至高の食パンと巡り合うため
一斤分を1日で食べていた時期もあったなぁ...
代償は、大きかったなぁ...(遠い目)


何枚かはそのまま食して
もし余ってしまったら
いろんなものを乗せて、挟んで
カラフルにして食べる。
それだけで楽しい〜
それもまた美味しい〜


f:id:noserumi:20160915114425p:image


至急、津屋崎周辺で
食パンが美味しいお店を見つけなくては。