読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吸学のしるし

吸学中の、大学4年生です。キャンパスで学ぶことを休んで、本物の世界から学びを吸いこもうと津屋崎にやってきました。感じるままに、記していきます。

歯磨き粉


いつもわたしは、
着色料・防腐剤・合成界面活性剤 不使用の
無添加せっけんをベースにして作られた歯磨き粉を使用しています。

偶然、地元北九州のとある会社で工場見学をさせて頂いた際に説明を受け、商品を頂いたことがキッカケです。


今夜はそれが手元になかったので
その場にあった普通の歯磨き粉で歯を磨きました。

もわもわもわもわもわ〜
泡立ちが、すごくいい!

んー。
けど、なんか、甘い。


口をすすいで
お茶を飲んでみると

やっぱり...

甘い!!


胃に入れようとするものの味が
変わってしまうようです。

口の中になんだかベットリ残る感じ。



人間が作った目に見えないものを
わたしは
日々スポンジのように吸収していて
日々シャワーのように浴びていて

どれだけ
四肢を侵しているんだろう。
五感を侵しているんだろう。
六感を侵しているんだろう。


目に見えず
触ることもできず
人間の無防備で無意識な部分につけ入り
鈍感を呼び覚ます侵食者たちを生んでいるのは...


ふあー!!!!


こんなこと
前から強く叫ばれているだろうに
立ち止まるどころか加速し続ける(続けざるをえない)人間たちの社会は、もう人間さえコントロールできてないんじゃ...
なんて、思ってしまう。

いや、コントロールできないんじゃなくて
何者かが都合のいいようにコントロールしているのか。

利益のために。

便利や豊かや幸せを謳いながら
嘘を混ぜて塗り固められたそれは
私たちを崩壊させていくのかもしれない。


でもそんなこと言ってても仕方ないから

身近なこと
小さいこと
毎日のことを
意識しよーーーーー!
ちゃんと。