たしかめるように

たしかめるように。 絶望の淵に立ちなかを覗くと、そこには、当たり前のようにささやかな日常がありました。私は、世界にとって唯の細胞でありたい。

嬉しかったこと、悲しかったこと


あっという間に9月が終わる
最後の1日。


きょうの、嬉しかったこと。

そのいち
津屋崎に住む中学生が泊まりに来てくれて
たくさん話して一緒に寝て、
ふたりで朝ごはんを食べられたこと

そのに
予期せず巡りあった人生初の太宰府天満宮
私の今までのことに対する感謝御礼と
妹の頑張っている様子をご報告できたこと

そのさん
昨日、大切な人が出逢わせてくれた
今と未来の私にとって足元となる本を
ちょっぴり 読み進められたこと



きょうの、悲しかったこと。

頂いた大分産カボスの果汁を冷凍しようと
力を込めて絞っているとき
約2個分の果汁が入ったお皿を
ひっくり返してしまったこと


f:id:noserumi:20160930205258p:image