たしかめるように

たしかめるように。 絶望の淵に立ちなかを覗くと、そこには、当たり前のようにささやかな日常がありました。私は、世界にとって唯の細胞でありたい。

本気であれば


本気であれば、行動するはずだ

本当にやりたければ、やるはずだ


行動しないということは
それだけ本気ではないということだ

やらないということは
本当にやりたいと思っていないということだ




そんなことを     仰る
「 先生 」を思い出した。
 





ーーー


お腹がよじれるほど笑い転げた幸せな夜。
気持ちはすでに、来週のその時間へ。
わたしにとっての大きなハードルを越えさせてくれた人たちは、掛け替えのない気を許せる人たち。
「素であれる関係」に救われているんだろうな。


ありがとう、おやすみ